トップページ >> 瀋陽師範大学の概要

瀋陽師範大学の概要

瀋陽師範大学は遼寧省人民政府に隷属し、哲学・経済学・法学・教育学・文学・理学・工学・管理学の8学部が一つのキャンバスにある総合大学です。


当学は、1951年に創立され、前身は東北教育学院であります。1953年に、瀋陽師範学院と改名し、当時東北地方における最も早く創設した二つの本科師範総合大学のうちの一つです。有名な教育家董純才、車向忱、呉伯簫などは相次いで学校の主要指導教官に就きました。1965年に改めて遼寧第一師範学院と改名し、1978年に再び瀋陽師範学院に回復しました。2001年に教育部の許可を得て、遼寧省政府が瀋陽師範学院と遼寧教育学院を統合させ、現在の瀋陽師範大学として発足しました。

当学の敷地総面積は1928ムー、建築面積は81.9万㎡、蔵書は180万冊があります。当校では全日制本科・専科学生は22299名、修士大学院生は1660名、教育修士は891名、留学生320名が学んでいます。これまで、国のために、約7万人才徳兼備の教員及び人材を養成し、東北地方、特に遼寧の教育界に多くの人材を送り出しました。

遼寧省基礎教育教研訓練センター、遼寧教育行政学院、遼寧電化教育館は当学校に設けられていますし、教育科学学院、外国語学院、科学・情報ソフトウェア学院、国際商学院、教育技術学院、演劇芸術学院などの二級レベル22学院と学校付属の12館・部・センターを擁しています。現在、当学校に54本科専門、57修士授権箇所があり、また,当校においても社会人特別選抜による社会人と中国政府奨学金留学生も受け入れる大学でもあります。国家レベル及び省レベルの6重点基地、省レベル重点学科及び共同建設重点4学科があり、省・市レベル7重点実験室、12総合実験室があります。教育経済・管理研究所、中国文化・文学研究所、古生物研究所、人的資源開発・管理研究所、昆虫研究所など様々な研究機構33個があり、生産部門・学校・科学研究機関の協力基地が4個あります。

当学校に専任教員が1645人、特別招聘教授が12人います。うちに中国科学院学士院が二人、教授が225人、副教授が603人います。また、学校の名義教授と兼職教授を担任させるため、数多くの「両院」の学士院と学術造詣の深い国内外の専門家・学者、外国人教師28人を招きました。学校は相次いでアメリカ、イギリス、カナダ、日本、ロシア、ベルギー、デンマーク、オーストラリア、韓国などの国の30ヵ所の学院・大学及び科学研究機構と国際学術交流・協力に関する協議を結び、教師を派遣し、お互いに研修・学術講演などの科学研究協力を行っています。

大学院