トップページ >> ソフトウェア学院

ソフトウェア学院

学院はコンピュータ科学と技術、ソフトウェア・エンジニアリング、情報管理と情報システムなど3つの専攻、コンピュータ応用、ネットワーク技術、電子商取引、ソフトウェア・エンジニアリング、情報安全、情報管理と情報システムなど6つの専攻方向を含んで、コンピュータ応用の修士学科を持っている。教育国際化の発展情勢に適応するために、ソフトウェア学院は瀋陽師範大学がイギリスのノーサンブリア大学、オーストラリアのディーキン大学と締結した3+2モード(学士課程+修士課程)の学校間協力プロジェクトを担当して、つまり国内外大学は互いに単位を承認し、学生は初めの3年に瀋陽師範大学で修業し、4、5年目にノーサンブリア大学とディーキン大学で所定の課程を修了して、必要な単位を得て、同時に瀋陽師範大学の本科学士の学位と海外大学の本科学士の学位と修士の学位を授与する。

ソフトウェア学院は100数人の教師陣を持って、その中には、教授5人、助教授20人、博士14人、しかも大部分の教師は企業から来たので、プロジェクトの開発に従事する経歴と経験を持っていて、完全にソフトウェア学院の教育、科学研究と発展の要求に適応することができる。

教学ビルの建築面積は約14000平方メートルであり、瀋陽師範大学の中心教学区の北側に位置している。6つの百人規模のコンピュータ室、2つの専門のネットワーク工事実験室、4つのマルチメディア言語実験室及びデジタル処理回路実験室、EDA実験室、アナログ回路実験室、マクロプロセッサとインターフェイス実験室などがある。遼寧省ソフトウェア開放実験室は本院に設置して、またマイクロソフトのMCSE、MCSD、シスコのCCNA、CCNP、SUN会社JAVA、オラクルなどの有名なIT企業の国際通行育成訓練と認証試験センターが学院に設立されている。

         

大学院