トップページ >> 数学とシステム科学学院

数学とシステム科学学院


数学とシステム科学学院は瀋陽師範大学で歴史の比較的に悠久で、規模のわりに大きい2級学院として、その前身は1956年に創設した数学科であり、2003年4月に数学とシステム科学学院と改名した。現在、学院は数学と応用数学科、情報と計算科学科、統計学科など3つの学科を設置している。数学と応用数学、情報と計算科学科、統計学科など3つの本科専攻と応用数学、オペレーションズ・リサーチと人工頭脳学、管理科学と工事など3つの修士学科を設置している。

学院は構造が合理的で、学歴の段階がわりに高く、科学研究の能力がわりに強い教師陣を持っている。43人の教員と職員の中には、教授7人、助教授11人、博士8人、在校博士大学院生7人。在籍生の中には、全日制本科生1145人、修士大学院生131人(教育修士を含む)。

ここ3年来、学院の教師は基礎数学、応用数学、人工頭脳学、オペレーションズ・リサーチ、システム工学、管理科学、統計学、数学教育などの多数の学科領域で広範な科学研究を展開して、実り多い研究成果を取得した:国内外の重要な影響のある学術刊行物と重要な国内外学術会議で、相続いて、百数編の論文を発表したが、その中には50数編がSCI、EI検索に収録された;出版した著作:3冊;20数の国家級、省部級の科学研究プロジェクト、教育改革プロジェクトを担当して、その中の多くは国家級、省級の奨励を得て、現在、一つの国家自然科学基金プロジェクトを担当している。

大学院