トップページ >> 物理科学と技術学院

物理科学と技術学院

物理科学と技術学院の前身は1958年に創設した物理学科である。2003年5月に物理科学と技術学院と改名した。

学院は物理学科、電子情報工学科など2つの学科と電子技術研究所を設置している。学院は管理が規格化し、設備が整っている基礎実験室と専門実験室を持って、1つの学校級重点実験室と1つの省級重点実験室を擁して、実験室の総建築面積は約6000平方メートルであり、装置の総価値は700数万人民元である。専門の図書と資料は万冊以上ある。物理学、応用物理学、電子情報工学など3つの本科専攻、粒子物理及び原子核物理学、材料物理及び化学、凝集状態物理など3つの修士学科を含んでいる。43人の教員と職員の中には、教授12人、助教授6人、博士13人(その中、ポストドクター研究生5人)。それに外国から招聘した専門家と教授は5人ある。1人の教師は「国家百千万人材プラン」、2人の教師は「省百千万人材プラン」に入選された。在籍生の中には、本科生758人、修士大学院生56人。

ここ数年、学院は1項目の課程が省級逸品課程になり、4項目の省級教育成果を取得して、何度も学校「教育管理優秀な部門」などの奨励を獲得した。2003年以来、学院は60項目以上の各級科学研究課題を引き受けて、現在、3項目の国家自然科学基金プロジェクトと1項目の国家863計画の課題を担当していて、21項目の特許を獲得して、168編の論文が国内外の核心定期刊行物で発表されて、50編の論文がSCI/EI検索に収録されて、18冊専門書を出版して、多くの科学研究成果は省・部級の奨励を得た。学院の実力は絶えず強めて、人材育成の品質は絶えず高まって、育成した学生はかつて全国大学生電子デザイン競技の国家2等賞、全国大学生数学モデリング競技の国家2等賞と遼寧試合地区一等賞を獲得して、卒業生は採用先の歓迎と好評を受けた。

大学院